患者の皆様へ To all patient

手術室麻酔

ペインクリニックとは

ペインクリニックとは痛みの診断と治療を行う診療科です。ガンなどの痛みだけではなく、頭痛、肩凝り、腰痛、下肢の痛みなど様々な痛みに対して治療を行います。ペインクリニックでは痛む箇所やその周辺の神経に局所麻酔薬を注射する神経ブロックを中心に電気療法やハリ治療、漢方薬、薬物療法、理学療法などを併用しながら、痛みの治療を行います。また痛みを取るだけではなく、自分の体の中にある自然治癒力を引き出すことを目標とし、様々な病気の治療も行います。痛みやしびれなどでお悩みの方、是非一度ご来院下さい。まずはお話しから伺います。

手術室入室

ペインクリニックの対象となる疾患や症状

関節・筋肉などの痛み

頭痛、肩凝り、むち打ち症、五十肩、腰痛症、首や腰の椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性脊椎症、骨粗鬆症、ぎっくり腰、手足のしびれなど

神経痛

帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛、脳卒中後の痛み、手術後の創部の痛み、幻肢痛など

血管病変

慢性閉塞性動脈硬化症、バージャー病、網膜血管閉塞症、レイノー病、肢端紅痛症など

その他

顔面神経麻痺、多汗症、突発性難聴、自律神経失調症、めまい、耳鳴りなど

これら以外にも様々な病気に対し治療を行っています。もちろん疾患によっては整形外科、内科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、遺伝診療科などと協力して治療を行い、また根本的な治療をその科で行う場合もあります。

神経ブロック療法について

局所麻酔薬を痛む神経や交感神経節に注入することにより鎮痛と血管を拡張させる治療法です。鎮痛を主とした治療には硬膜外ブロックや末梢の神経ブロック、トリガーポイント注射等があり、頚部から下肢まで広い範囲にわたる鎮痛を行うことが出来ます。交感神経ブロックは星状神経節ブロック、胸部交感神経ブロック、腰部交感神経ブロックなどの種類があります。交感神経をブロックすることにより血流の増加、鎮痛効果、皮膚温の上昇、発汗停止などの症状が現れます。星状神経節ブロックは手、頭部、顔面など、胸部交感神経ブロックは頚部から腰部、腰部交感神経ブロックは腰下肢の治療に用いられます。

薬物違法について

症状に応じて鎮痛薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、血管拡張剤等を投与します。抗うつ薬、抗けいれん薬は痛みにより過敏になっている神経を抑える働きがあり、ペインクリニックの外来では日常的に使用されています。