入局希望の皆様へ Recruitment

コースプログラム

大学院生

原則として、臨床麻酔4年間(うち、集中治療半年間を含む)の臨床活動を行います。この間、麻酔科臨床研究、麻酔科基礎研究、あるいは、基礎医学教室へ出向し基礎研究のいずれかを選択し、定時的(週1日以上、あるいは数ヶ月単位の研究専念期間を設ける)に研究活動を行います。
臨床、研究の両立は大変ですが、医師として早期から研究活動に従事することは知識の幅が広がり、プレゼンテーション能力・思考力・考察力の向上が養われるため、臨床へのフィードバックが大きいです。また、臨床から離れるわけではないため、臨床経験が不足することへの不安は問題となりません。

コースプログラムへ

専修医

原則として、臨床麻酔2年間、その内の半年間は集中治療を行います。その後は付属病院、関連施設において専門医研修を継続します。

後期臨床研修終了後は付属4病院助教あるいは関連病院医員として在籍し、無給医局員は一切存在しません。

  • 2018年日本医科大学附属病院麻酔科専門研修プログラム
  •  

     

    連絡先_Contact

    入局、大学院進学、専修医研修を希望する方は直接下記付属病院麻酔科医局長に連絡下さい。見学や説明会は随時応対します。
    また、入局説明会のページでも情報を公開しています。

    日本医科大学付属病院麻酔科
    住所:〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
    電話: 03-3822-2131(内線6748)03-5814-6243(直通)
    FAX: 03-5685-3077

    お問い合わせ