入局希望の皆様へ Recruitment

日本医科大学麻酔科学教室の特徴_Property

臨床麻酔、集中治療、ペインクリニック、緩和医療をバランス良く診療・研究できる麻酔科医を、さらに医療安全管理、医療経済を考慮できるジェネラリストとしての医師を育てます。また、特に心臓血管麻酔を主とした派遣病院(榊原記念病院、三井記念病院、海老名総合病院)に常勤医を配し、サブスペシャリティーとしての心臓血管麻酔医を積極的に養成しています。

本教室に学閥は存在せず、出身大学も多岐にわたっています(医局員紹介をご参照ください)それは校風に拠るもので、明るさとおおらかさを併せ持った医局です。また、生涯一麻酔科医を目指す医師のみでなく、救急・集中治療医のサブスペシャリティーとしての研鑽、専門科では修得できない全身管理の研鑽、緩和医療の研鑽を希望する医師、他施設の麻酔科医の方や麻酔科へ転科を希望している方も受け入れております。

是非一度、担当者までご一報下さい。なお、「無給医局員」は存在せず、今後も作りません。

日本医科大学麻酔科学教室の特徴

麻酔科専門医研修の基本理念_Principles

麻酔科専門医研修の基本理念

麻酔科認定医(標榜医)資格を取得するためには前・後期研修にて2年以上の麻酔業務を行う必要があります。
その後3年間で麻酔科専門医の受験資格が得られます。

本教室での教育目標

① 標榜医取得 : 麻酔経験2年

定時の手術のみならず、緊急手術においても、術前のアセスメントから術中管理、術後経過に至るまでのマネジメント計画を立案し、上級医の指導を仰ぎながら実行することができるレベルを目指します。

② 専門医取得:麻酔経験5年

あらゆる手術症例に対し術前から術後経過にいたるまでの管理計画を立案し、他科との交渉、協力を仰ぎ、手術室の管理者となるレベルを目指します。

③ 麻酔科専門医取得後

臨床麻酔、ペインクリニック、集中治療、緩和ケアのスペシャリティーを目指した研修を行います。 希望するサブスペシャリティーを考慮し、付属病院あるいは派遣病院に所属します。
集中治療専門医資格を取得するためには、麻酔認定医取得後、1年間以上の集中治療研修を行う必要があります。ペインクリニック認定医資格を取得するためには、麻酔認定医取得後1年間以上のペインクリニック研修を行う必要があります。

入局形式_Affiliation

本教室の教育プログラムの特徴として入局形式が挙げられます。麻酔科は臨床活動そのものが、基礎・臨床研究に非常に直結した科であり、臨床と並行して研究活動の基礎を築くことが重要です。したがって、臨床系大学院に入学することを前提としますが、付属病院専修医、派遣病院常勤医としても研修プログラムに組み入れます。いずれの形式でも上記の専門医研修にのっとった教育をうけ、それぞれの資格を取得することができ、経済的な自立も可能です。

コースプログラムへ

連絡先_Contact

入局、大学院進学、専修医研修を希望する方は直接下記付属病院麻酔科医局長に連絡下さい。見学や説明会は随時応対します。
また、入局説明会のページでも情報を公開しています。

日本医科大学付属病院麻酔科
住所:〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
電話: 03-3822-2131(内線6748)03-5814-6243(直通)
FAX: 03-5685-3077

お問い合わせ