入局希望の皆様へ Recruitment

先輩インタビュー_古市 結富子

古市 結富子

Q.麻酔科を選んだ理由

私は平成15年に日本医科大学を卒業しました。当時はスーパーローテート制度ではなく、卒業後すぐに入局先を決める必要がありました。
学生のときの臨床実習で、手術麻酔やICUでの術後管理を見学させて頂き、トラブル時に麻酔科医が飛んできて解決していくという姿を何度もみる機会がありました。それまでは麻酔科の仕事がどういうものかよく分からないという印象を持っていましたが、それ以来興味を抱くようになりました。

Q.当麻酔科を選んだ理由

自分の母校が好きでしたので、他の大学が選択肢になかったというのが正直なところです。

Q.入局後研修体制はどうであったか?

入局後は上級麻酔科医の指導のもと、手術麻酔経験をひとつずつ積み重ねることから始まりました。毎日が初めての経験することばかり。生命に直結する手技も多く、さらにメインの執刀医は圧倒的に上級の先生方ばかりです。緊張の連続でした。
1年目の7月に冠動脈バイパス術の麻酔を経験させて頂いたときには、不慣れな様子に心臓外科の先生に『(本物の)麻酔科医を呼んできて!』なんて言われることもありました。悔しかったですが今考えると当然です。
こうしたことが起爆剤となり、当時はとにかく『早く一人前になりたい!』と思っていました。少しでも経験値を稼ごうと、空いた時間に先輩や同期の麻酔科医の部屋で見学させて頂くことはとてもいい刺激になりました。
そして、先輩方の指導や様々な体験談はまさに宝物でした。教科書を読むだけでは決して得られない知識を学べるのは医局の最大の良さだと思います。
研修医の間に救命救急センターとICUで研修を受け、その後は大学院で動物実験を中心とした研究をさせて頂きました。
大学院の最終年度で出産を経験しました。今日まで育児をしながら仕事を続けられているのは、出産後も仕事を続けやすい環境を作って下さった部長、医局長、医局員のみなさまのご理解とご協力のおかげです。本当に感謝しております。
子供がある程度大きくなり、3年間榊原記念病院に出向しました。これは本当にいい経験でした。循環器の専門病院で、その道何十年という一流のスタッフの方々の診療や考え方を間近で見させて頂くことができました。

入局を考えている研修医へのメッセージ

麻酔科は手術麻酔、集中治療、ペインクリニック、緩和医療とさまざまな方面で活躍の場があるところです。また、日本医科大学は卒業大学の垣根が全くない大学であり、特に当科ではやる気があれば若い学年であってもどんどんステップアップする機会をもらえます。興味がある方はぜひ見学にいらしてください。医局員一同、おまちしております。

先輩インタビュー_Dr. 亀井 信孝

Dr.亀井 信孝

Q.麻酔科を選んだ理由

大学生の頃、授業で勉強した際に周術期を多岐にわたり全身管理をする麻酔に興味を持ちました。初期研修医として実際に手術麻酔、集中治療、緩和ケアを含め麻酔科業務に携わり、麻酔の楽しさや奥深さを、肌をもって感じ取ることができました。麻酔科医のほかにも内科医も自分にとって良い選択肢であると迷う時期もありました。しかし麻酔なら生涯にわたって楽しみながら、さらに麻酔の奥深さを探求し飽きることなく続けていけると感じ、麻酔科医になりました。

Q.入局後研修体制はどうであったか?

私は日本医科大学出身であり、初期研修も日本医科大学付属病院で研修しました。学生の頃から当院麻酔科にお世話になり、初期研修でも多くの先輩方に優しくしっかりと指導を受けながら研修を受けることができ、そのような先生方のもとで一緒に働きたいと思いました。また、先生方の出身大学は多彩でありwelcomeな雰囲気のある医局の良さ、臨床のみならず大学院で研究ができる環境があり自分の思い描くキャリアパスが実現できると感じ当院麻酔科を選びました。まず指導医と共にひとつひとつの症例で詳細に症例検討し手術麻酔を学び習得していきました。先輩の先生方はどんな質問にも真剣に答えてくれ、また質問しやすい環境を提供してくれました。当院は高度救命救急センターを擁しており重症患者の麻酔管理や心臓麻酔も経験することができました。心臓麻酔では関連病院の一つに心臓麻酔症例トップクラスの榊原記念病院で経験を積まれた先生も在籍しており高度な指導をうけることができました。 手術麻酔ばかりでなく、半年間の外科系集中治療での研修も行いました。当院の外科系集中治療室では術後管理を学ぶことにより、術後を見据えた麻酔管理を意識できるようになりました。また最重症の呼吸不全や循環不全に対して行われるECMO(Extra-Corporeal Membrane Oxygenation)をハイレベルに提供できる施設であり、スペシャリストと共に最先端治療を経験することができました。 入局3年目からは臨床ばかりではなく、麻酔を学術的視点からも学ぶため大学院に入学し研究をしています。

入局を考えている研修医へのメッセージ

臨床麻酔、心臓麻酔、ICU、ECMO、研究、留学など興味のある方はぜひ一度見学にいらしてください。

先輩インタビュー_山森 未希

山森 未希

Q.麻酔科を選んだ理由

色々な科の手術が見られて面白い科というのが最初の印象です。また、集中治療に興味があり、患者様の状態と術式を踏まえて1人1人に合った周術期管理を行う麻酔科に興味を持ちました。

Q.当麻酔科を選んだ理由

症例の種類が豊富ということで大学病院を選びました。その中でも当院を選んだ理由は①入局当初より様々な症例を経験できる、②活動的な救命センターがあるため緊急症例が多い、③専修医研修中にICUローテーションができる、④関連病院が多いということです。

Q.入局後研修体制はどうであったか?

他院での初期研修中に麻酔科を3ヶ月ローテーションし、入局しました。 入局1年目から本院で様々な症例を経験できました。当直は3人体制のため、常に上級医が2人おり、緊急手術を経験できるのはもちろん、上級医の対応を見ることができ勉強になりました。入局直後から外勤として関連病院へ派遣に出していただき、とてもありがたかったですが、当初は不安もいっぱいでした。しかし先方には当院OBが多く在籍し、麻酔に対して一から教えてもらいました。自分の考えた麻酔方法を上級医の先生がサポートしてくださる体制は責任を伴う分、大変勉強になり充実した1年間でした。 2年目上半期はICUローテーションを行い、術後管理や重症患者を含めた周術期管理を学びました。外勤は継続して手術麻酔を行うためICUで半年間手術室を離れている間も一切手術麻酔を行わないわけではありません。下半期は手術室で1年目よりも重症の症例を任せてもらえることが増え勉強になりました。 後期研修2年間は本院で過ごしました。その後は分院・関連病院で勤務する選択枝もありますが、緊急症例や重症症例、症例の幅は本院が1番と考え3年目は本院での勤務継続を希望しました。現在3年目となり、本院で働いています。麻酔科専門医取得にあたっての必要症例もほぼ経験させてもらっています。

入局を考えている研修医へのメッセージ

入局してすぐに大学院にすすむ道や私のように専修医から始まり臨床に専念してから将来をゆっくりと決めて行く道もあります。
臨床麻酔に興味があるかた、心臓麻酔に興味があるかた、麻酔科が管理するICUに興味のあるかた、ぜひ一度見学にいらしてください。

連絡先_Contact

入局、大学院進学、専修医研修を希望する方は直接下記付属病院麻酔科医局長に連絡下さい。見学や説明会は随時応対します。
また、入局説明会のページでも情報を公開しています。

日本医科大学付属病院麻酔科
住所:〒113-8603 東京都文京区千駄木1-1-5
電話: 03-3822-2131(内線6748)03-5814-6243(直通)
FAX: 03-5685-3077

お問い合わせ